バイク教習日記(6)はじめての転倒!

技能教習5限目

10月27日

この日も2限の実車教習です。

最初は9時50分から。

指導員はサングラスのおじいさん(?)。

別の教習生には初回のガミガミ指導員がついていました。

急制動をやってから、スラローム・S字・クランク。

1段階の急制動の記憶がほとんどないので、あまり問題なかったのかも。

まあ、1段階の急制動は速度も遅い(時速30km)ので、こんなものなのでしょう。

はじめての転倒!

それよりも、この日は初めて転倒というものを経験しました!

しかも、初転倒だけでなく、その後も転びまくり!

バイクで転倒というと、心配される方もいるかもしれませんが……

大丈夫です、ご安心ください。

転倒しても大丈夫

そもそも、教習所では時速40kmまでしか出しません。

バイクは自転車と同様に、ゆっくり走るほうがバランス保つのが難しい乗り物です。

なので、転倒するのはたいがい低速走行時です。

しかも教習所では、頭にはヘルメット、肘・膝・胴にはプロテクター、手には手袋などの防具を毎回装着するので、少々転んだぐらいではますケガはしないでしょう。

あ、当然だけど長袖・長ズボン必須ですよ!

そもそも半袖だと教習を受けられませんので。

さらに教習所のバイクには、エンジンガードというものが取り付けられています。

バイクが横倒しになっても、エンジンガードが地面との間に隙間をつくってくれるので、足が車体の下敷きになるといった危険から、守ってくれる仕組みです。

ただし、縁石などの段差がある場所では、挟まれる可能性もありますけど……。

さて、教習に戻ります。

まさかの指導員チェンジ(しかもガミガミ)

何回か転倒した時点で、サングラス指導員に匙を投げられたのか、なんとガミガミ指導員に交替!?

なんで〜!!!

S字とクランクが鬼門で、足を着いたり、パイロン倒したり、エンストしたり……。

はい、お察しのとおりガミガミ言われました。

まあ、ガミガミ言われるのもわかります。

ヘタクソなのは私の責任でございます。

転倒しまくった本日は、当然ハンコはもらえず。

次は、1時間休憩のあと、11時50分からです。

続く。

バイク教習日記(7)クランクが通れない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください