【畑日記2020-その3】葉物苗の定植・じゃがいもの植えつけ

3月22日

先週タネをまいた葉物野菜とにんじんは、みやま小かぶ以外まだ芽が出揃わない様子なので置いておいて、今回は葉物苗の定植とじゃがいもの植えつけを行います。

葉物苗の定植

ブロッコリー

上から陣地をとるブロッコリーの苗を2株。

1株の陣地を約40センチとして、横並びに植えました。

脇芽が多く、収穫が長く楽しめるドシコという固定種植えたかったのですが、品切れだったのでF1品種のピクセルを植えました。

ちなみにドシコ(DeCicco)はデシコとも呼ばれ、100年以上前にイタリアで育成された伝統品種です。

キャベツ

次はキャベツを2株。

昨年の秋はキャベツの苗が品切れで植えられなかったので、今春は植えられて嬉しいです。

品種はF1にみさきです。

陣地は30センチとして、横並びに2株植えました。

リーフレタス

キャベツの下には赤いリーフレタスです。

陣地を20センチとして横並びに3株植えました。

こうすれば良かったのに!

植え終えてから気付いたのですが、キャベツを縦2列、その両脇にレタスを植えれば4株植えられたのにと思いました。

じゃがいもの定植

準備するのはクワ・豚糞・種いも6個。

植える品種はアンデスレッド3個と、少しシワが寄っていたものの、唐牛で大丈夫そうなメークイン3個。

畝の草を取り除き、土寄せできる程度に端を空けてクワで植え溝を深さ10センチ掘ります。

両端から20センチの所に1個ずつと、真ん中にひとつ種芋を置きます。

アンデスレッド

最初の一列はアンデスレッドにしました。

寮端と、種芋と種芋の間に豚糞をひとつかみずつ、芋につかないように置きます。

土をかけ、平らにならして、一列目の植え付けが終わりました。

メークイン

次に、一列目から80センチ間を空けて、メークイン用の植え溝を掘ります。

深さは同じく10センチ。

あとも一列目と同じように、種芋を置いて、豚糞をひとつかみずつ、芋につかないように置いき、土をかけて平らにならします。

図にするとこんな感じです。

じゃがいも6個の植え付けがこれで完了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください