【畑日記2020-その12】じゃがいもの虫対策・夏野菜のお世話

5月31日

この時期はほぼ夏野菜の植え付けも終わり、収穫以外にはあまりやることがないかと思うのですが、畑へ出向くと何かしらやるべきことが出てきます。

まず、畝全体を見廻ってからの、今日の最初の一仕事は、テントウムシダマシの捕殺作業になりました。

テントウムシダマシの捕殺作業

前日に畑の管理者の方から、テントウムシダマシが多く発生して、じゃがいもに被害が出ているというメールを受け取っていたので、まずはその作業から。

テントウムシダマシ

正式名称はニジュウヤホシテントウ。

草食性のテントウムシ。名前のとおり28個の黒い斑点がある。

アンデスレッドの花

アンデスレッドは花が咲いていて、葉も元気そうで問題なさそうで一安心。

ところが……

メークインの葉

メークインは葉が部分的に茶色く枯れたようになっています。

茎も切れてしまっていたり……。

メールのお知らせのとおり、テントウムシダマシの食害にあってしまったようです。

葉の裏を見ると、大小の幼虫がいて、卵も産み付けられていました。

成虫もとらほらと葉っぱにとまっています。

テントウムシダマシ(ニジュウヤホシテントウ)

葉っぱを1枚ずつ、株元にも落ちていたりするので、いろいろな角度から念入りに確認。

成虫3匹、幼虫は数え切れないぐらい捕殺。

ついでに卵もすりつぶしておくことに。

幼虫と卵の写真を撮るのを忘れてしまいました(汗)。

捕殺作業をしながら、虫の捕殺なんて考えられなかった、自然農に出会ったばかりの頃を思い出しました。

郷に行っては郷に従えといいますか……ずいぶん自分も変わったものです。

今日のところはこれで大丈夫そうなので、根元に土寄せ。

花を摘んだところ

いもを大きく成長させるために、花を摘んでじゃがいものお世話を終えました。

捕殺したとはいえ、既に葉や茎にダメージを受けてしまっているので、光合成がうまくできるのか気になりますが、あとは復活を願うばかりです。

気を取り直して他の野菜のお世話をします。

その他の野菜のお世話

玉ねぎ

玉ねぎが大きくなってきたので、球を大きくするためにつぼみを摘みました。

トマト

トマト

トマトは大きくなり、第2花房が咲き始めたのでわき芽を摘みました。

最初に立てた短い支柱は残したまま、長い支柱を3本追加して誘引をしました。

ピーマン

ピーマンは植え付けた後、しばらく雨が降らなかったせいか弱ったままです。

根をはるタイミングの水分が足りなかったのかもしれません。

弱ったピーマン(しょぼーん)

元気をだしてもらうために、草マルチと水やりをしました。

ナス

ナスもピーマンと同じく弱っていたのですが、なんとかもち直してくれています。

支柱を各2本を交差させて立て、マイカ線で下の方で束ねました。

マイカ線でぎゅっと結束

ズッキーニ

ズッキーニはつぼみをつけたので、受粉のために防虫ネットを外しました。

防虫ネットを外したズッキーニ

大きくなったのでウリハムシの被害にあう心配もなさそうです。

スナップエンドウとソラマメ

スナップエンドウ

鳥や動物だけでなく、カメムシの被害が激しくなってきたので片付けることにしました。

ソラマメ

少量で、しかもあまりまともなものもありませんでしたが、最後の収穫です。

ブロッコリ

あとはサニーレタス・ステムレタス・小松菜・ほうれん草・ブロッコリのわき芽や、チンゲン菜なども収穫。

ソラマメに草マルチをしたところ

最後に保湿のために里芋(土垂)とニンジンに草マルチをし、本日の作業は終了としました。

今日は思いのほか盛りだくさんの作業内容でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください