ムッシュ・ペリネ(Monsieur Periné)ニューアルバムリリース!?

ムッシュ・ペリネ (Monsieur Periné)を初めて聴いたのは2013年。

もう5年前になります。

たまたまラジオから流れてきたのがきっかけで知り、早速Youtubeで検索してこのPVを見つけました。

「Suin Romanticón」(スゥイン・ロマンティコ)

バンド名のイメージから、最初はフランスのバンドだと思っていたら、なんとコロンビア!

多分コロンビアの音楽を聴いたのは、多分これが初めてだったと思います。

ムッシュ・ペリネは自分たちの音楽を「コロンビアン・スウィング」と称しているそうですが、この「Suin Romanticón」は正にその言葉どおりのサウンドだと思います。

久しぶりにこのPVを観ましたが、やはりこの自由な感じは良いですね〜。

ムッシュ・ペリネのこと

ムッシュ・ペリネはコロンビアの首都ボゴタを拠点とするバンドです。

現在のメンバーは下記の8名。

Catalina García ヴォーカル
Santiago Prieto チャランゴ・バイオリン・ギター
Nicolás Junca ギター
Adinda Meertins ダブルベース
Jairo Alfonso サクソフォン・クラリネット
Abstin Caviedes トロンボーン・バグル
Miguel Guerra パーカッション
Darwin Páez ドラム

2ndの「Caja de Música」発表時は7名だったので、その後にメンバーチェンジとがあったのでしょう。

バンドヒストリー

来日経験がないためかあまり情報がないのですが、わかる範囲で動画とともにムッシュ・ペリネのとをご紹介してみたいと思います。(今年1月に、ギターのニコラスはアイゼイア・リチャードソンと共に来日していましたけどね)

2007年 カタリナ、サンティアゴ、ニコラス、カミーロ(脱退)の4人の大学生によって結成。

当初のバンド名は「Periné」だけでしたが、カタリナの意見によって「Monsieu」が追加されたそうです。

ちなみにカタリナはフランスのインターナショナルスクールで学んだ後、アメリカで2年間過ごし、その後大学で人類学を学ぶためにコロンビアに戻ったそうで、ムッシュ・ペリネの曲もフランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語となんと4ヶ国後を操って歌っています。

2010年頃から「Ton Silence」「Swing With Me」など、オリジナル曲のレコーディングを開始。

2011年 1stシングル「La Muerte」をリリース。

「La Muerte」(1stシングル)

「死」というタイトル。歌詞はフランス語とポルトガル語が混在していますジプシージャズっぽい曲調です。このアニメーションと一緒に見るとなんとなく物語がわかるような気がします。

2012年 1stアルバム「Hecho a Mano(エチョ・ア・マノ)」を自主制作でリリース。

※「Hecho a Mano」は「手作り・ハンドメイド」という意味。メキシコ、ドイツ、日本でもリリースされました。(日本盤はPrroduction dessinee)

 

「La Ciudad」(「Hecho a Mano」2曲目)

スペイン語で歌われています。「私は街へ行く」から始まる少し悲しいような内容ですが、なんだか潔い感じの曲調が印象的。

「Hecho a Mano」に収録されているのは新録で、こちらのyoutubeのものがオリジナルだそうです。

 

「Cou Cou」(「Hecho a Mano」5曲目)

この曲の歌詞はフランス語。鳥のカッコウのこと。季節は春、美しい太陽、新緑、目覚め。新しい世界が始まるような、とても春らしいポジオティブな曲。

2013年 オリジナルメンバーのカミーロが脱退。

2015年 2ndアルバム「Caja de Música(カハ・デ・ムシカ)」をリリース。

※「Caja de Música」は「音楽の箱」という意味。

 

「Tu M’as Promis」(「Caja de Música」5曲目)「私に誓って」。

歌詞はフランス語とスペイン語。

イントロの小気味良いリズムに始まり、パラパパパのコーラスから哀愁ギター、そして終盤のメランコリックでクラシック調のラスト。シアトリカルで油断できない曲です。

 

「Lloré」(「Caja de Música」13曲目)

「泣いた」。歌詞はスペイン語。
私は孤独に襲われた、私は泣いた。悲しい内容ですが、それは成長のための悲しみだと思います。

リリース間近!? ムッシュ・ペリネのニューアルバム

ムッシュ・ペリネのInstagramを見ると、3月7日にはニューヨークでニューアルバムのミキシングを終えているようです。

17日にはアルバムタイトルが決まったような書き込みもあります。

各地へのライブ活動で忙しく飛び回っていても、しっかり曲作りにも励んでいたんですね。

2012年に1st、2015年に2ndがリリースされたことから、周期的に今年は3rdがリリースされるタイミングです。

1stがリリースされた3カ国に日本が含まれていた経緯からも、そろそろ来日してくれるような予感……。

気長に待ちましょう!

エチョ・ア・マノ

カハ・デ・ムシカ

Monsieur Periné ニューアルバム「Encanto Tropical」全曲公開!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください