【家電リサイクル対象外】コンパクトステレオの処分方法。

Panasonicの「D-dock」というコンパクトステレオ。

なかなか良い音でとても気に入って使ってきました。

D-dock SC-HC4

D-dock SC-HC4

iPhoneやSDカードに収録した音楽も再生できる画期的な商品でしたが、iPhoneやiPodの規格も随分前に変更され、現行機種の接続は不可。

CD再生時の摩擦のような音も気になってきたのも、手放す要因。

修理を依頼しようとも考えたけど、この商品の対象は出張修理のみ。

出張費を含めての修理代はちょっと……。

このまま所持していても場所をとっているだけになってきたので、思い切って処分することにしました。

寄付を検討

最初はボランティア団体に寄付したいと思い、いくつか調べてみました。

しかし、今回のようなオーディオ機器は、贅沢品ということで、途上国ではあまり歓迎されないと書かれていました。

結果、寄付は見送ることにしました。

リサイクル回収を検討

寄付できないのであれば、リサイクル!

しかし、テレビ以外のオーディオ機器は家電リサイクル法の対象外。

調べてもよくわからないので、とりあえず区役所の清掃リサイクル課へ電話してみました。

小型家電回収

電話で勧められたのは、区が行なっている「小型家電回収」。

区の小型家電回収品目(例)

区の小型家電回収品目(例)

上の品目にはありませんが、コンパクトステレオも可。

しかし、サイズが13cm×28cm以下と定められています。

残念ながら、今回のコンパクトステレオはそれよりも大きいので、回収はできないと言われてしまいました。

区からの提案

その他の回収方法はないのか尋ねてみました。

区からの提案

  • 区報(区の広報誌)にある「あげますコーナー」に掲載する。
  • 燃えないゴミとして処分

「あげますコーナー」は情報を掲載するだけで、取引は区を通さず対個人になるので、少し面倒。

まだ使えるモノを燃えないゴミに出すのは気が進みません。

行政に頼るのはあきらめました。

売却することにしました

商品名のD-dockで検索してみると、偶然ブックオフの買取ページにたどり着きました。

なんと、買取強機種の中にD-dockシリーズが掲載されています!

ブックオフのページ

BOOKOFFのページ

電話で問い合わせたところ、店舗とネットでの強化機種が違うそうですが、今回はお金が欲しいわけではなく、有用に処分したいだけ。

とりあえず引き取ってはくれそうです!

近所のブックオフへ

早速、リモコンや電源ケーブル類、取扱説明書と本体をバッグに詰め、ブックオフへ持ち込んで査定をお願いしました。

番号札を渡されましたが、15分ほどかかるということなので、外を散歩することに。

身分証明書を提示し、名前や住所などを記入した商品預かり書を受け取り、店を出ました。

査定結果

20分後ぐらいに戻って、提示された金額は、

640円。

マックスは800円だけど、査定での値引き価格とのこと。

予想よりも安いようにも感じたけど、そこは目的ではないので。

メルカリなんかだと、数千円で取引されているようですが、時間を割きたくないので快諾。

とりあえず燃えないゴミなんかに出さず、手放すことができたので助かりました。

しかし、もっと良い有用な処分方法があれば良いのになー。

ご存知の方がおられましたら、是非お教えください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください